レザーウォレット レザーバッグ 革製品の通販サイト

MILKY STONE

全国送料無料

 

レザーの豆知識

 

コンテスト作品

 

携帯ページ

HOME»  良魔伝説»  良魔伝説 1

良魔伝説 1

     *        *        *

異界への入り口は本当にあるのでしょうか?もし行けたら

こんな物語に出会えるかも知れません。

        *        *        *

no,1

妖精達が住んでいる森の近くには、緑の丘があります。

丘には朽ち果てた石創りの城がありました。

いつ頃から城主が居なくなったのかは、わかりませんが、

小塔のほとんどは、くずれ落ち中心の大きな塔だけは、

かろおじて昔の面影を残しています。

その大きな塔の上から、いつも森を眺めている女の子の

姿をした小悪魔がいました。

名前はガランスと言って小さなオシリには、トゲトゲの長い

シッポがあって頭の両側には、コウモリみたいな小さな

羽根が生えています。

小悪魔のガランスには、もう1つ大きな特徴があります。

それは、全身が真赤なビロードの様な毛で覆われている

事でした。

そんなガランスは、修行をして大きくて立派な悪魔の羽根を

手に入れなければなりません。

しかし、本当は森で遊んでいる妖精達の様なキレイで

やさしい羽根にあこがれていました。