レザーウォレット レザーバッグ 革製品の通販サイト

MILKY STONE

全国送料無料

 

レザーの豆知識

 

コンテスト作品

 

携帯ページ

HOME»  良魔伝説»  良魔伝説4

良魔伝説4

 

*     *     *     *     *     *

no4

ガランスは次の日も妖精達の住む森を見に行きました。

しかし、こんな怖そうな翼のまま行ったら、すぐにばれて

みんな逃げてしまうと思い、いつもの塔の影でしばらく、

座っていました。 ・   ・   ・

ふと、自分が投げ入れたミルキーストーンの事を思い出し

村はずれの貧しい家がどうなっているのか気になって

見に行くことにしました。

ガランスは、あの親子にどんな良い事が起こっているのか

楽しみで、大きな悪魔の翼の事は忘れるくらいワクワク

していました。

村の近くまで来た時、ちょっと様子が変だなーと思いながらも

村はずれの家まで飛んで行きました。

ガランスは愕然と立ち尽くしています。・ ・ ・

あの親子の家は無残にも、何者かが踏みつぶしたとしか

思えない様な有様でした。

手入れの行き届いていた庭の草花も、跡形もなく荒れていました。

・・・ なんで?  ・ ・ ・なんで?   ・  ・  ・なんで? 

ガランスは、昨日の出来事といい、今日の事といい、何がどう

なっているのか、考える気力もなくなっていきました。