レザーウォレット レザーバッグ 革製品の通販サイト

MILKY STONE

全国送料無料

 

レザーの豆知識

 

コンテスト作品

 

携帯ページ

HOME»  お話»  第1回

第1回

 イラーニシーの街は、たくさんの妖精が棲んでいる大きな木の街です。パン屋さん、本屋さん、床屋さん、お花屋さん、いろいろな仕事をしながら、みんな楽しく暮らしています。

 大きな通りから三ッ目の角を右に曲がった所で、うすばかげろうの妖精が、商売をしている小さな食堂があります。やさしいお母さんとイマームという娘との二人で。おなかをすかせたお客さん達に、おいしい料理を作っていました。イマームは、若くてとてもきれいで、お店の仕事も一生懸命だったので、みんなからも可愛いがられていましたが、イマームは、そんなお客さん達の中で、一人の青年に、ほのかな恋心を抱いていました。その青年の名は、イキーアと言って羽根アリの妖精で、葉っぱを使って道具を作っていました。