レザーウォレット レザーバッグ 革製品の通販サイト

MILKY STONE

全国送料無料

 

レザーの豆知識

 

コンテスト作品

 

携帯ページ

HOME»  お話»  第五回

第五回

イキーアは、イマームに会いたいと思いました。どこに住んでいるのか、わかりませんが、もし、イマームが自分に会いたいと思っていたら、ラウーワの市場に又、来てくれるかもしれないと思い、かすかな望みを胸に、次の日曜日からラウーワの市場に、舟で通いました。一週目、二週目と過ぎ、三週目の日曜日、イキーアは、市場の前にある広場の、モクレンの木の下のベンチにすわり、行きかう人を眺めていました。色白で、落ち着いた雰囲気のイマームを、探していたイキーアは、遠くに、とっても派手な女性が居るのに気付きました。イキーアは、イマームとは、正反対の女性だなーと思いました。しかし、その女性は、イマームでした。